消費者金融でお金を借りる方法

消費者金融でお金を借りる方法

消費者金融でお金を借りるにはどうしたらいいか

 

すぐ借りれるところでお金を借りたい方へ

今すぐお金を借りる方法や、銀行からお金を借りる方法はいろいろあります。
例えば住宅ローンや教育ローン、自動車ローンのような使途がはっきりしているものに対しては比較的低金利でお金 借りることができます。
今回は使途自由、目的不問、担保や保証人が必要のないキャッシングについて説明します。
今ネットを見るといろいろな銀行がカードローンを作りませんかと顧客獲得の広告をたくさん出しています。

 

まずは、そこをクリックするところから始まります。
利子は住宅ローンなどに比べると高めですが、収入証明を出せば利子は低くなります。
手続きとしては必要事項を入力すると審査に入ります。
職場に在籍しているかどうか調査するために会社に確認の電話がかかって来ます。

 

家が持ち家かどうかや結婚して家族がいるかどうかなども調査ポイントになります。
収入の額や職業、持ち家の有無、既婚未婚の別などによって貸してくれる枠が大きくなったり金利が優遇されたりします。
これは返済が滞るリスクが少ないほど枠が大きく、金利が低くなることを意味します。

 

たとえば枠が300万円、金利が7.8%くらいの審査がおりるわけです。
これは消費者金融系で枠が50万、金利が18%に比較するとかなり差があります。
これらのことは全てメールと電話、FAXや郵便のやりとりで済みますので銀行にわざわざ出向くことも、銀行の担当者がやってくることもありません。
特にネット銀行系のキャッシングは店舗を持たないだけに係員と対面することはないのです。
銀行からお金を借りるにはネット環境が整っており、定職を持っていることであれば比較的スムーズに話が進むことになります。

 

バンクイックを利用できる条件と申し込み方法

消費者金融のキャッシングは融資もスピーディーで急いでいるときにはとても助かりますが、そのかわり利息はやや高めに設定されています。
返済を楽にするには、できるだけ低金利のサービスを選ぶことが大切ですので、より低金利のサービスを選ぶなら、銀行のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。
それぞれの銀行では便利なカードローンが用意されていますが、三菱東京UFJ銀行が提供するバンクイックも人気のサービスとなっています。
申し込み条件は満20歳以上65歳未満の国内に在住する個人の方で、原則として安定した収入があること、保証会社の保証が受けられることです。
申し込み方法については、インターネット、テレビ窓口、電話、郵送がありますので、それぞれの都合の良い方法を選んでいきましょう。
申し込みに必要な書類は運転免許証やパスポートなどの本人を確認できる書類で、100万円を超える借り入れをする場合は、収入を証明する書類が必要ですので、事前に用意しておくと手続きもスムーズに行えます。
インターネットの場合はネットから申し込みをすると30分ほどで審査結果が電話やメールで伝えられ、テレビ窓口でカードを受け取ることもできますし、郵送での受け取りも可能です。
特に急いでいる場合は直接テレビ窓口で手続きを行えば、すぐにカードを受け取ることが可能です。
最短40分でカードは発行され、銀行が閉まっている15時以降も土日、祝日にも手続きが可能です。